駒木米穀店 雑穀シリーズ / 赤米

岩手県北部の一戸町のお米屋さん、駒木米穀店の雑穀シリーズ。

雑穀の栽培が盛んな岩手県でも、生産者は年々少なくなってきているそうです。
食文化が多様化して、日本人の主食であるお米の消費率も減りつつある現代ですが、
多くの栄養分やミネラルが豊富に含まれている雑穀は、お米に混ぜて炊くだけではなく、スープに入れたり、
サラダに混ぜたり、お菓子作りに取り入れたり、幅広くお使いいただけるスーパーフードです。

古代米の一種で、日本で初めて栽培されたお米といわれる赤米。
その赤い色素はポリフェノール(タンニン)を含んでいます。
炊き上がりは、黒米を混ぜたときほどには全体が赤くはなりません。
食物繊維、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ビタミンなども多く含んでいますので、
高血圧の予防、肌の健康、老化防止、糖質吸収の抑制などの効果も期待できるといわれています。


お米と一緒に炊く場合は、茶漉しなどで軽くすすぎ、白米2合に大さじ1杯〜3杯をお好みで混ぜ、少し多めの水加減で炊いてください。
保存方法はお米と同様に直射日光・高温多湿を避け、密封容器で保管してください。
夏場は冷蔵庫で保管されることをおすすめします。


原材料:玄米/もち (岩手県産)
内容量:150g
販売価格
309円(税22円)
購入数