藤本 茂吉 / 南部ミニ箒

作家:藤本 茂吉


岩手県の北部、二戸市浄法寺で農業の傍ら、箒を制作されている 藤本茂吉さん。
ホウキモロコシの栽培から、すべてひとつづつ丁寧に制作されたミニ箒です。
主に制作作業は農閑期に行われ、厳しい冬の季節仕事として
「使うものを作る」文化がここにあります。

南部箒の特徴は「縮れ」
寒いこの土地の風土により作り出された、この穂先の縮れによって
ちりや糸くずが絡まり、衣類など素材を痛めずに掻き出すことができます。
また、柄が長いのでさまざまな隙間の細かな屑などの掃除にも役立ちます。


素材:ホウキモロコシ
カラー:ネイビー、ブルー、ワイン、ピンク、カーキ
サイズ:全長約20 (柄の長さ 約10僉


ひとつひとつ手作業で作られているため、サイズなどに多少の誤差がございます。
※写真の作品をご指定など、個別にご対応することは出来兼ねます。



ネイビーブルーワインピンクカーキ
3,300円(税300円)
在庫なし
販売価格
3,300円(税300円)
購入数