Kagocco pepin / 胡桃かご あじろ編み手提げ

作家:Kagocco pepin


岩手県で胡桃の編み組を制作している Kagocco pepin(かごっこぺぱん)さん。
自然豊かな岩手県遠野市で採取した胡桃の樹皮を使って丁寧に編まれるかごや、くらしの道具は、
素材の表情も豊かで、日常の暮らしに彩りを与えてくれます。


9mm幅の網代模様で編まれた横長の手提かごです。
樹皮の内側を表にして丁寧に編まれていて、マットで濃い茶色の質感は
まるでレザーのような雰囲気が漂います。
胡桃の樹皮の外側と内側とでは魅せる表情も異なり、とても興味深い素材です。


年月の経過と共に、味わい深い色・つやに変化していくのも楽しみです。
使って育てる、長くお使いいただける手提かご。
お使いいただきながら、経年変化もお楽しみください。

あじろ編みの「網代模様」とは、川で魚を捕るために、
竹や木を編んで網の代りに立てた漁の方法から名付けられたといわれています。


素材:胡桃樹皮
サイズ:(底面)W約34僉(底面)D約10僉H約21僉∋ち手の長さ約35



購入数
Soldout